引っ越し相談室

引越業者の選び方

引っ越しをする際に、とても悩むのが「引越業者をどこにするか」ということ。安くすませたいけど、安かろう悪かろうでは困ります。まずは、大手と中小規模と軽貨物運送による大まかな比較をしています。多少私見が入っていますので、あくまで参考としてご覧ください。

大手の引越業者

広いエリアで営業しており、スタッフやトラックの数も多く、比較的安心です。その分、料金は高めになります。もしあなたが大手の引越業者と、中小規模の引越業者を比較検討する場合、単に料金だけで比べないようにしましょう。料金が多少高くても、荷物の運び方、梱包材、住居の保護方法、破損時の保険などで大手が勝る場合があります。

大手の引越業者の例としては、アート引越センター、アリさんマークの引越社、ファミリー引越センター、サカイ引越センターなどが挙げられます。

中小規模の引越業者

大手の引越業者と比較して、比較的安い料金で引越をすることが出来ます。しかしながら、梱包方法やいざというときの保障・対応力で大手に劣る場合が多いようです。値段をとるか、安心をとるかをよく吟味してください。料金以外の項目をしっかり検討しておきましょう。

また、口のききかたなどの応対が不十分なスタッフにあたる確率が、大手の引越業者と比べて若干上がるようです。人間が提供するサービスですので、応対や荷物の運び方などで不満を感じてしまう場合があります。大手でも中小規模でもそういうスタッフはいるのですが、中小規模の引越業者のほうが若干割合が多い気がします。

軽貨物運送(つまり赤帽)など

とても料金が安いのが特徴です。一人暮らしの方、荷物が少ない方であれば、レンタカーを借りるよりも、安い値段で引っ越すことができるかもしれません。また、荷物が多少多くても、2台で運ぶことも可能です。

ただし、引っ越しを専門に行っているわけではないので、梱包材料が乏しいのが難点。割れ物については自分の責任でしっかり梱包しておく必要があります。また、1台の場合は運転手1人だけなので、運搬の際に手伝う必要も出てくると思います。

料金体系は時間制の場合が多いようです。自分の責任で時間がオーバーしてしまった場合、追加料金が必要になるかもしれません。このあたりの条件については、見積もりの際に確認をしておきましょう。