持ち乗り制度(もちのりせいど)

持ち乗り制度(もちのりせいど)とは、厩務員が、厩務(馬の世話)と調教(馬を運動させる)の両方ができる制度。

中央競馬では、本来、調教助手や騎手が調教を行うものであるが、調教ができる資格を取得すると、厩務員(調教厩務員)が調教を行うことができる。