前検量(まえけんりょう)

前検量(まえけんりょう)とは、発走の70分前に全騎手に対して行われる検量のこと。

検量(けんりょう)とは、レースと前と後に、騎手と各種装備の重さを計量し、定められた範囲内に収まっているかどうかを確認すること。

レースの後に行われるのは後検量(あとけんりょう)といい、7位までに入った騎手と、裁決委員が特に指定した騎手に対して行われる。

計量結果が定められた範囲を外れてしまうと、騎手に対して過怠金や騎乗停止などの罰が与えられる。また、後検量で1kgを超える重量不足が発覚すると、その騎手が乗った馬が失格になることがある。

前検量において、重量が超過した場合、超過重量が2キロ以内であって、裁決委員が認めればその重量で騎乗できる。

また、後検量において、前検量との差が1キロを超えると失格となる。ただし、雨や泥が付着したなど、やむをえないと裁決委員が認めるときは失格にはならない。