やる気の出し方
長期的な目標達成のために、自分のやる気をコントロールする方法を教えます。

習慣を作る




体を鍛えることが好きな人は、「体のどこかが筋肉痛になっていないと気持ち悪い」といいます。食生活に気をつけている人は、朝食に野菜を食べないと、体調が悪くなったように感じるといいます。
この例のように、習慣がつくということは、ある行動をとることが安心、行動をとらないことが不安になるということです。
やる気が出る・出ないという枠を超えて、やる気の有無にかかわらず「やらないと不安」なのです。

では習慣を作るにはどうしたらよいか。そのためには「どんなに少なくても毎日やる」ことです。

勉強であれば、どんなに忙しくても、体調が悪くても、毎日やることです。たった1問の問題でもかまいません。毎日やることが大切なのです。

カレンダーに「実施した」記録をつけるのもひとつの方法です。たとえば机に向かったら、どんなに勉強量が少なくても、カレンダーのその日にチェックを付けます。
毎日チェックを続けていると、チェックをすることが習慣化され、チェックがないことが不安でたまらなくなってきます。



Copyright © bluesnap All Rights Reserved.
Script by Petit CMS